16話「レーザーディスク(1)」

現在と違い、ネット配信など無い1986年当時、自宅で好きな映画を見たければ、ビデオソフトをレンタルするか(テープ1本1泊500~1000円でした)、購入するしかありませんでした。

所有して何度も観たい場合、劣化するテープよりもビデオディスクを選ぶのが通でした。


VHSビデオテープ


VHDビデオディスク

市販ではVHDとレーザーディスク(LD)の2形式がありましたが、自分は「CDプレーヤが兼用できる」という理由で、初のプレーヤにPioneer CLD-7を購入しました。


Pioneer CLD-7

「マルチメディアテレビLAVO」の謳う「水平解像度560本」が役に立った様で、通常のテレビ放送を見るより、色くっきり・音声ハッキリでした。